×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

加能ガニや甲箱ガニ(香箱ガニ)を通販で購入する時や、加能ガニの食事、観光旅行など、ズワイガニの種類や名前の参考に。

加能ガニとは


加能ガニ 楽天市場

日本一との呼び声も高い橋立港産ズワイガニ限定!
加賀百万石で有名な石川県で水揚げされる加能ガニ。
橋立漁港、金沢漁港、輪島漁港などで水揚げされます。

加能ガニとは、石川県内で水揚げされたズワイガニのオスの事で、石川県の石川県漁業協同組合(JFいしかわ)が平成18年に加賀と能登の地名から公募で名付けました。
加能ガニは、山陰地方で獲れる松葉ガニ、福井県沖の越前ガニとほぼ同じ漁場で獲れるズワイガニで、石川県の加賀、能登などの橋立漁港、金沢港、輪島港などで水揚げされます。
新鮮なまま、水揚げされた加能ガニは知名度こそ、まだ低いですが、松葉ガニ、越前ガニに引けを取らない上質なズワイガニです。
加能ガニには、他の地域で獲れたカニと区別するため、青いブランドタグが、一匹一匹付けられています。
また、メスのズワイガニはこの地域では、甲箱ガニ、香箱ガニなどと呼ばれています。
オスのズワイガニに比べて小型で、身も細いのですが、味は濃厚で甘味もあり、加能ガニ同様美味ですし、内子といわれる甲羅の内側の未成熟の卵と、外子といわれる腹に抱えた卵もまた絶品です。
カニ味噌と内子を混ぜて食べたり、カニ鍋や、味噌汁としてもとても美味しく食べられます。 加能ガニに比べ、甲箱ガニ(香箱ガニ)はとても低価格で販売されていますので、地元では大変人気があります。

加能ガニの漁期 平成26年度(2014年度)

加能ガニの(ズワイガニオス)の漁期は、年ごとに決められています。
11月6日から翌年の3月20日までとなっており、2014年度も変わりません。

ただし、石川県の港では、脱皮後間もない若いカニ(水ガニ、ズボガニ)は全面禁漁となっています。
※省令では11月6日から3月20日。
※日本海ズワイガニ特別委員会の協定では1月20日から2月28日。

メスのズワイガニは石川県の港では11月6日から翌年の1月20日までとなっています。
松葉ガニと呼ばれるのは成熟したオスだけですが、メスのズワイガニ(セイコ)の漁期は省令では11月6日から翌年の1月20日までとなってます。
日本海ズワイガニ特別委員会の協定では11月6日から12月31日までとなっています。

平成26年度(2014年度)ズワイガニ漁期まとめ

しゃぶしゃぶならここがおすすめ【函館の浜海道】

【楽天市場のおすすめ】
プリッとした身が美味しい、ズワイガニの脚1kgを送料無料!!【訳ありズワイガニ】